空き家リフォームを行う前に抑えておきたいポイントとは?

空き家のリフォーム目的を明確にしよう

空き家の有効活用を考えた時に真っ先に思いつくのがリフォームです。

しかし、空き家の活用方法について十分に内容を検討しなければ、自分の理想と異なるリフォームとなってしまい後悔する恐れもあります。

自分や家族が住むための空き家リフォーム

自分や家族が住むために空き家をリフォームしたいという場合は、予算に妥協せず計画を立てるべきです。

空き家をリフォームして売却、賃貸をする場合は、初期投資の回収について考える必要があるため予算を抑えたリフォームになりがちです。

しかし、自分や家族が住むとなれば長い月日を生活することになります。

予算を重視し過ぎるあまり自分のライフスタイルに合わないリフォームとなってしまい、せっかくの空き家の有効活用で後悔してしまう恐れもあります。

売却や賃貸に出す場合のリフォーム

売却や賃貸に出すリフォームの場合は借り手や買い手を意識したリフォームはが必要です。

家族世帯がターゲットなのか、独身世帯がターゲットなのか、若者、高齢者、男性、女性などでもリフォームの内容は変わってきます。

この点は親身にサポートしてくれる不動産会社に相談をして、ターゲットに合ったリフォームを行うようにすると効果的でしょう。

リフォームをしなくても買い手や借り手が見つかることもある

物件によっては必ずしもリフォームを行わなくても買い手や借り手がつくこともあります。

確かにリフォームは新しい買い手や借り手を獲得するうえで有効な手段ですが、古い物件を購入して自分でリフォームをしたいという方々も一定数います。

過大なリフォームは身動きがとれなくなる

空き家のリフォームを行う時にはすべての箇所をリフォームする必要はありません。

リフォーム費用をかけすぎると、後で売却する時の価格や賃貸の賃料に転嫁されます。

結果その分の売価や賃料が高くなり、買い手がつきにくくなります。

また、空き家購入者の中には物件を購入した後に、自分独自にカスタマイズしたいという人もいるため、完全にリフォームしてしまうと対象から外れてしまいます。

このような買い手がつけば初期投資を抑えて物件を売却できるので、売り手の負担が少なくなります。

空き家のリフォームを行うポイントとしては、生活に必要な設備に範囲を絞って、その範囲内でリフォームを行うと良いでしょう。

水回りの工事は重要

リフォームを行う時に優先的に工事したいの台所、給湯器、風呂場、洗面台などの水回りです。

水回りが綺麗に整備することは売却、賃貸に出すうえで非常に重要です。

水回りの工事は値段が高めですがここで予算を絞ってしまうと、長期に渡り買い手や借り手がつかない恐れがあり、機会損失につながる恐れもあります。

衛生部分のリフォームにはしっかりと予算をかけるようにすべきでしょう。

どのような業者に依頼をすべきなのか?

リフォームを決めた場合はどのような業者に仕事を頼めばいいのでしょうか。

できれば空き家の他にも様々な建物に関するリフォーム実績がある業者がオススメです。

そのうえで要望に合った提案をしてくれる業者であれば、なおスムーズに空き家の有効活用を進めることができるでしょう。

また、住宅密集地での空き家リフォームは近隣住民とのトラブルになりがちです。

騒音などの事前対策として近隣対応まで行ってくれる業者であれば、トラブルを防止することができるでしょう。

【強制的に取り壊しもありうる】特定空き家に指定されるとどうなる?