空き家サポートの業者選び、依頼する場合の手数料を知ろう

空き家の活用には費用がかかる、必要経費は事前に確認

空き家を活用するために、売却したり賃貸をする場合は必要経費についても考えておく必要があります。

空き家を活用して入ってくる「収入-支出」が実際の手取り金額になるので、各種手数料を知っておくべきでしょう。

まず、空き家を売却したい場合は、譲渡による所得税、住民税、登記時の登録免許税といった税金がかかります。

そして、売却前のリフォーム費用や売買の仲介を依頼する場合は、仲介手数料を支払うことになります。

賃貸の場合もリフォーム費用、仲介手数料の他に、賃貸後の管理費用などが発生します。

細かに数字を割り出すことは難しいですが、概算で見積もりを取得するなどして、大体の金額を把握しておくべきでしょう。

仲介手数料って何?

空き家活用の必要経費で支払うことになる仲介手数料について解説します。

空き家を活用するために、売買や賃貸の取引相手を不動産会社に探すように頼み、その見つかった相手と契約を結ぶ仲介が完了した時に、不動産会社に支払う報酬が仲介手数料です。

★不動産売買の仲介手数料

〇200万円以下:売却代金(消費税抜)×5%+消費税

〇400万円以下:売却代金(消費税抜)×4%+2万円+消費税

〇400万円超 :売却代金(消費税)×3%+6万円+消費税

空き家の活用はどのような業者に依頼をするのが良いのか?

空き家の活用に伴う売買や賃貸は、一般の人にとっては慣れないことばかりです。

そのため、しっかりと自分たちの空き家活用をサポートしてくれる事業者を見つけることが重要です。

ここで注意したいのは、大手だからと言って必ずしもベストな選択肢ではないということです。

大手不動産会社の強みは長年の事業活動で培ってきた、販路を持っており情報量の多さが最大の強みです。

広告における予算にも余裕があるので、空き家の活用もスムーズに進むと考えがちです。

大手の不動産会社が弱い部分

大手の不動産会社が弱い部分としては、地域の細かい情報を知らない可能性がある点です。

空き家は地域の細かな情報や繋がりによって、買い手がつくこともしばしばあります。

また、空き家の活用となると、通常の賃貸や売買の仲介と異なるノウハウが必要となるため、大手では案件に親身に応じてもらえないこともあります。

それに対して空き家活用を得意としている不動産会社は、大手が弱い部分をしっかりとカバーしてくれます。

空き家活用が得意で地域密着の不動産会社であれば、付近の不動産事情にも詳しく地場のコミュニティともつながりが深いため、早期に不動産に合った取引相手を見つけてくれることが期待できます。

それぞれのメリット、デメリットを把握したうえで、実際に相談した時の対応の良さ、しっかりとノウハウを持っているかを見定めて依頼をするといいでしょう。

最初は自ら空き家を活用してみる

もし、どうしても売買や賃貸の相手が見つからない場合は、自分たちで空き家を利用するという方法もあります。

自分たちでリフォーム費用を捻出して別荘として利用する、物件を改装して子供夫婦を住まわせるなどの活用方法が考えられるでしょう。

また、空き家の活用は、所有者全員で話合うのがトラブル防止に効果的です。

空き家の解体は所有者全員の同意が必要です。

一部の親族が聞いていなかったとなれば、親族間でのトラブルにつながる恐れもあります。

ベストな方法が見つからない場合はどうすれば良いのか?

空き家が住んでいる場所から遠い場所に位置しているために、親族間での有効活用が難しい場合もあります。

しかし、空き家のまま放置することは、「特定空き家」などに指定される恐れもあります。

空き家の活用が難しい場合は空き家を手放すことも視野に入れるべきでしょう。

【強制的に取り壊しもありうる】特定空き家に指定されるとどうなる?

空き家を手放すことも視野にいれる

どうしても活用が難しい場合は、空き家を手放すことを視野にいれるべきでしょう。

まず相続によって空き家を取得する場合は、被相続人に空き家以外に財産がなければ相続放棄をするという方法もあります。

相続の放棄とは

相続の放棄とは財産を相続する権利を手放すことです。

近年では親の残した空き家や農地などを相続放棄する例も増えています。

注意点としては相続放棄はいつまでも認められているわけではありません。

原則として対象となる親族が亡くなってから(自分のために相続があったことを知った時から)、3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の申し立てを行わなければ相続放棄できなくなります。

また、空き家だけを放棄するということはできないので、相続放棄をする場合はすべての財産を放棄することになります。

空き家を解体して更地にして売却する

どうしても、空き家を活用する方法が見つからない場合は、空き家を解体して更地として売却、賃貸をする方法もあります。

空き家を更地にして駐車場経営を行うなど、一定の収益が見込める活用方法も存在します。

しかし、空き家の更地化にはデメリットもあり、解体費用の捻出、駐車場であれば固定資産税の増加など金銭的な負担は大きくなると考えられます。

土地の立地が良ければ更地として売却することで、すぐに買い手が見つかることも期待できますが、立地が悪ければ時間がかかると予測されます。

空き家の活用は空き家活用に詳しい会社に相談する

空き家の活用は簡単ではありません。

時間とお金がかかりますが、上手くいっている事例も数多く存在しています。

空き家の活用で悩んだ場合は、空き家活用に強い不動産会社に相談をしてみるのも一つの手段と言えるでしょう。

会社概要